手品師の夢は破れない

「親友」について本を書く事になったら、どういったことを調べる?「格闘家」の成り立ちとかかな。もしくは、個人的な観点からの見解かな。

無我夢中で口笛を吹く友達と失くしたストラップ

夏期なので催しがものすごくたくさんで、最近、夜更けにも人の行き来、車の通りがとってもたくさんだ。
農村の奥まった場所なので、平素は、夜更け、人の往来も車の通行もほとんどないが、花火大会や灯ろう流しなどが行われており、人通りや車の行き来がたいそう多い。
通常ののんびりとした夜分が妨害されて少し耳障りなことがうざいが、日常、元気がわずかな地方がにぎやかさがあるようにうつるのもまあいいのではないか。
周辺は、街灯も無く、暗いのだが、人通り、車の通行があって、活況があると陽気に感じる。

一生懸命お喋りする姉妹と花粉症
物語を読むのは大好きだけど、全部というわけではない。
江國香織さんの作品に凄く魅力を感じる
もう長いこと同じ作品を読んでいるほどだ。
ヒロインの梨果は、8年同棲した恋人の健吾と別れてしまうが、その引き金である華子と一緒に住むようになるという変わった話だ。
とにかくラストは衝撃的で、大胆な形だととれるが、それを知ったうえで内容を思い出すと「確かに、この終わり方はありえるかもしれないな」と思わされる。
との上、ワード選びや登場する音楽や、物など、魅力的。
ミリンダが出ればミリンダを飲みたくなるよう書いてあるし、べリンダ・カーライルや古内東子といった音楽がでてくるとつられてCDをかけてしまう。
言葉選びの仕方が上手なんだと思う。
それ以外にも、ピンクグレープフルーツそっくりの月、といった表現がどこで生み出されるのだろう。
物の表現の仕方に引き込まれて、夜中に何度も同じ江國香織の文庫本を読んでしまう。
好きな作家さんの作品との深夜の一時は夜更かしのきっかけなのだろう。

喜んで跳ねる弟と履きつぶした靴

久しぶりに、麻衣子と明日香と海外旅行に行きました。
2人とも、私の短大の同級生で、同じ時間を共有した仲間です。
しかも、学んだのは国際観光とトイックなので、観光が、好きな生徒たちであふれていました。
とくに、麻衣子と明日香を含む仲のいい6人で世界各国へ旅をした思い出は懐かしい。
私はもともとそれほど友達が多い方でもないし、しかも十分だと思っています。
という事で、とてもうれしかったけれど、隣で麻衣子が満足そうな雰囲気だったのも私のツボでした。

熱中して踊る兄弟と電子レンジ
買いととのえた縫物の為の生地で、幼稚園に2週間後から通うわが子のきんちゃく袋を裁縫しなくてはいけない。
まあ妻が縫うとはいえ、私も嫌いではないので、忙しそうだったらいっしょにしようと思う。
運ぶものを入れる何かが園に通うのにいるみたいだ。
ミシンもついに受け取った。
使った感じも感じてみようと思っている。

薄暗い土曜の夜明けに食事を

アンパンマンは、幼児に気に入られる番組だけど、しかしとても暴力的のように思う。
話の最後は、アンパンチと殴って話を終わりにする時がとても多いように見える。
子供にもとても悪い影響だと私は思ってしまう。
ばいきんまんとかびるんるん達が、たいしていじわるをしていない話の時でもぼこぼこにして話を終わらせる。
アンパンマンは、ばいきんまんを見つけたら、やめろといいながらすぐにこぶしを突き出している。
話を聞くわけでもない。
話をするわけでもない。
ただ、ぶん殴って話を終わらせるからいつになっても変わらず、毎回変わらない。
想像するのだけれど原作は暴力的でないかもしれないけれど、テレビ向きにするために戦いのシーンをいれてそのようになっているのだろう。

喜んで吠える彼女とアスファルトの匂い
近くに海があるところに私たちは、家があり暮らしているので、津波を母が気をもんでくれている。
ことのほか東北大震災後は、海からどれくらい隔たっているのかとか小高い位置は身近にあるのかとか聞いてくる。
家内と自分だって怖いのだけれど、うまく引っ越し先も見つかるわけではない。
しかし、確かに高波がやってくるとなってしまった折に回避するラインを確定しておかないとと考えるけれど、防波堤周りしか高所へ行く道路がないので、今更ながら、想像したら危ないと思った。

雹が降った休日の夕方はシャワーを

学生の時、株に好奇心をもって、買ってみたいと考えてたことがあったけれども、しかし、たいしたお金ももっていないので、買うことが出来る銘柄は限られていたから、ほとんど魅力的ではなかった。
デイトレードにも興味があったけれど、汗水たらして稼いでためたお金が簡単に消えるのが怖くて、購入できなかった。
証券会社に口座は開いて、お金も入れて、クリック一つだけで購入できる状態に準備までしたけれど、怖くて買うことが出来なかった。
せいいっぱい、働いて得た貯蓄だから、金持ちの人たちから見たら少ないお金でも無くなるのは恐怖だ。
でも一回くらいは買ってみたい。

笑顔で踊る友人と霧
普段、マンションで個人的に出来るような働き方をして、忙しい時期など声があると外に仕事に出る。
たった、たまにが、最強に億劫に思えて仕方ない。
ここまで嫌なら辞めてしまおうかと。
参加すればやる気になるけれど、大勢の社員に囲まれて、団体で仕事を行うのは難題だ。
そう友人に話すと、気持ちは理解できるけど、と豪快に笑っていた。

具合悪そうに吠える母さんと公園の噴水

小さなころから、素肌がまったく丈夫じゃないので、すぐにかぶれてしまう。
その上、ボディーソープの素肌にこびりつく感覚が好きじゃない。
だけど、寒い季節は凄く乾燥しまくるので、なるべく余計な薬品が入っていないケア用品を使う事にしている。
これらの品のびっくりするところは、料金が凄く高いので、なかなか買えないところだ。

月が見える仏滅の深夜は座ったままで
村上春樹の作品が読みやすいと、本好きの人々の感想を聞き、初めて購入したのがノルウェイの森。
このストーリーは海外でも多くの人に読まれており、松山ケンイチ主演での映画も公開された。
村上春樹の内容は、歯切れがよく、どんどん読めてしまうところが良いと思う。
直子と緑との狭間でゆれる、主人公のワタナベは、実際、生と死の間でゆれているように感じる。
生と死というテーマをのぞいてみても、緑も直子も魅力があると思った。
そして、特攻隊や永沢さんやレイコさんというスパイスが加わる。
登場人物のみんなが、魅力的でなにかしら陰の部分を持ちあわせている。
学生時代に読んだストーリーだが読み返そう!と思い立ってページをめくったことが何回かある作品。
主人公のワタナベは直子に、お願いをふたつ聞いてほしいと頼まれみっつ聞くと答える。
ワタナベはモテるだろうなとと感じた部分。
そして、直子が幸せ者に見えた。

Copyright (c) 2015 手品師の夢は破れない All rights reserved.

サイト内メニュー