手品師の夢は破れない

さあ、「水」に関して考えてみないかい?そんなに難しい問題ではないと思うんだよ、「感動」のことはね。

薄暗い月曜の夕方は焼酎を

寝る前に、キリンビールを一人で飲むのが楽しみになっているけれど、最近はそのあとにワインも飲んでいる。
もちろん、次の日に誰かと会うような仕事がない時に限るけれど。
ひとり暮らしをしていた時に、アパートの近くで酒屋を発見して、父の日も近かったので買ったことがある。
私は少々見栄っ張りなので、「1万円の高級ワインを探しています」などと話して。
父に贈った、ワインが一万円することをついに話すと、父は気まずそうに「・・・うん、何かが違う」と言ってくれた。
他に感想はないようだった。
そのことから、あまりワインの値段にはこだわらなくなった。
あー最高だと感じる時間の友だったら、値段や質にはこだわらない。

どんよりした月曜の夜明けにビールを
少年は今日、学校の給食当番だった。
帽子とマスクを着け、白い割烹着を着て、他の給食当番達と、今日の給食を給食室へ取りにいった。
今日の主食は、ご飯じゃなくてパン。
バケツみたいにフタつきの大きな鍋に入ったスープなんかも。
少年は、一番重い瓶入り牛乳だけは、男が運ばないといけない、と思っていた。
クラス全員分38本はかなり重い。
だから自分が、バットに入った38本の牛乳を持ったのだけど、同じ給食係のフーコちゃんが一緒に持って運んでくれた。
瓶入り牛乳は重いので女子には持たせたくなかったけど、クラスで気になっているフーコちゃんと一緒に教室まで歩ける、と思ったので、少年はちょっとドギマギしながら、そのまま2人一緒に牛乳を持つことにした。

汗をたらして叫ぶあの子と飛行機雲

見るのにめっちゃ多く歩き進まなくてはならない動物園は、盆近くはめちゃめちゃ蒸し暑くてきつい。
友人と奥さんと子供と自分と妻と子供とそろって入園したが、非常に暑くてしんどかった。
とても蒸し暑いので、チーターもトライオンも他の動物もあまり歩いていないしし、遠くの影に身を潜めていたりで、非常に見えなかった。
この次は、水族館などが夏はよさそうだ。
子供が小学生になったら夜の動物園や水族館も楽しそうだ。

汗をたらして歌う弟と擦り切れたミサンガ
近くのスーパーで食料品を探していた。
冷凍食品部門でポテトを選んでいた。
すると、ハングルで書いてある箱を発見した。
良く見ると、韓国のおもち、トッポギだった。
先月ミョンドンへ行ったときに、何回も韓国を旅している友人にリスペクトされたのがトッポギだ。
日本でも冷凍食品になって、あのトッポギが買えるなんて、心外だった。

喜んで歌う母さんと草原

チカコと福岡のアバクロに行った。
私たちはアバクロンビーの服のデザインがお気に入り。
そして、店内の高級感と、香水の匂いが。
3時間くらいひやかして、Abercrombie & Fitchを後にした。
すると、私が歩道を占領して、通れない人が後ろにいたので、失礼しました!と言い後ろを見た。
すると、店員さんだと思っていたお兄さん。
笑いながら、ありがとう、と言っていた。
目についたのは、その荷物。
Abercrombie & Fitchでいったいどれくらい購入したの?と聞いてみたかった。
そして、スタバでちかことその男の人の職業予測で議論をした。
ANSWERは謎のままだけど。

月が見える大安の午後はビールを
多少時間に余裕が持てたので、CDショップに出かけた。
追加でMP3プレイヤーに入れるミュージックを探すため。
ここ最近、しょっちゅう聞いたのが西野カナさん。
時期に関係なく聞いているのが洋楽。
ワールドミュージックもかっこいいなーと思っている。
ということで、今回レンタルしたのはボンボンフレンチだ。
甘いヴォイスとフランス語が良い雰囲気だと思う。

気どりながら踊る彼女と霧

とあるいつもと違うような内容の仕事がやってきたとき「大丈夫だろう」などと思っていた新人の頃。
当時の自分を含むメンバーのみんなが「過ぎちゃえば割と簡単なことだよ」とのんびり取り組んでいた。
そこで教育専門の社員さんが言った言葉が今でも記憶に残っている。
「目的のためにしっかり準備を進めたからこそ、業務終了後になんてことなかっただけ。
それ故に、今のあなたたちのように簡単に構えていて、運よく事が単純だったという意味ではありません。
過ぎてしまえばなんてことないといった本当の意味は、それとは逆です。
日々真面目に勉強し準備をしたからこそ、能力が有り余って、事がスムーズに進んだと言っています。
全身全霊でやる気になれましたか?
甘く見ないで早く取り組んでください。」
という事だった。
この言葉があってから、私たちは必死に勉強しじゅうぶん仕事をすることができた。

薄暗い水曜の深夜は昔を思い出す
どれでもいいので一個の趣味を、長期で続けている人に憧れを抱く。
スノーボードだったり、写真でも、どれだけ目立たない分野でも
例年通り一回だけでも、あの友達で、いつものホテルに宿泊する!というような事も良いと考える。
どんなことでも一つを行うと絶対プロまでたどり着くことができる。
実は、幼稚園のころにピアノと書道なんかを学習していたが、もっと頑張ればよかったな。
そんな風に思うのは、家のの隅に祖母にプレゼントされたピアノが置いてあるから。
今の自分は全然分からないピアノだけど、そのうちもう一度弾けるようになりたいと目標を立てている。

雨が降る休日の明け方は料理を

少し前、コンディションが悪いのに、食事と、睡眠の時間帯が変だったので、シミが多発した。
マズいと考え、生活習慣を意識し、肌ケアに良い事をし続けようと周りの意見を聞いた。
そしたらファンが多かったのが、ニチレイアセロラジュースだ。
現在でも毎朝飲む。
れもんよりもビタミンが豊富に摂れるとの事だ。
体調とビューティーは何と言っても食事からつくられるのかもしれない。

そよ風の吹く大安の夕方は椅子に座る
日本は、多くの祭りが行われているだろう。
自分の目で見たことはないが、じゅうぶん知っている祭事は、秩父夜祭で、別名、冬祭りである。
圧倒されるような彫刻をした、笠鉾と屋台の合計6基。
祭りの概要が分かる会館を見たときには、実際の様子を写したビデオや実際の大きさのそれらを見た。
冬に行われているので、冬祭りとも呼ぶようだ。
リアルタイムで見たいお祭りの一つでもある。
8月に開催されているのは、福岡県福岡市の放生夜がよく知られ、命ある者の生を奪う事を禁じる祭事。
今から大分前には、このお祭りの開催されている間は、漁業もしてはいけなかったという。
長く続くお祭りも大切だが、私は屋台のリンゴ飴も同様に大好きである。

Copyright (c) 2015 手品師の夢は破れない All rights reserved.

サイト内メニュー